阿南友亮『中国はなぜ軍拡を続けるのか』

君塚先生と合わせて、2018年サントリー学芸賞。また慶應である。

阿南先生自体は、20世紀前半の中国の共産党と軍隊について研究されており、その内容は非常に実直で手堅い。サントリー学芸賞をとるにしても、そちらの堅い方かと思いきや、本書のような、やや過激なタイトルで現代政治に言及したものが高い評価を受けたというのは、個人的には少し想像の外にあったので驚いた。但しあとがきにもある通り、中国という国は都市だけを見るのでは足りず、農村地域がどうなっていて、それと軍と政党がどう関係しているのか、が見えてこないと足りないのであり、その点で本書は延長線上にあるのだろう。

本書はいくつかに分割できる。まずは問題点。中国の社会の抱える問題点が列挙されており、

威嚇手段としての人民解放軍の暴力や、発展の裏側でどんな社会保障の不平等や、中華民族ナショナリズムの不安定さ、経済発展の産み出す共産党の高級幹部とそれ以外の人たちの格差、党の軍隊としての人民解放軍などが足早に語られる。

その後が政党と人民解放軍の歴史である。独裁政権共産党がいかに人民解放軍と付き合ってきて、それが文化大革命毛沢東の失脚以降、いかにバランサーたる鄧小平が改革解放を進めるなかで今の問題点の萌芽となったのか、つまり拝金主義と汚職が蔓延するようになり、また解放軍の整頓の中で大量の軍人が吐き出される中でいかに様々な軍ビジネスが産み出されてきたのか、そして天安門事件以降は噴出する不満の中で江沢民時代を経ていかに(上海閥などの)拝金主義が加速していったのか、などのドロドロした政治が描かれる。

最後は直近の解放軍そのものについてである。解放軍はソ連との関係改善した80年代以降、対米、対台を意識した海軍へのシフトを続けている。劉華清の戦略に基づき、第一・第二列島線を拠点に制海権・制空権の掌握に努めている。しかし能力はというと、近代化は進めているもののまだイージスは似非っぽく、航空戦力もロシアの型落ちに依存し、またC4Iを中核としたハイテク戦もまだ覚束ない。それでも、1.共産党独裁主義を維持するため 2.軍備拡張はロシア以外に手段がないこと 3.国内の恫喝には十分な戦力であること などを背景にまだ遅れた軍備改革は続くだろうとされている。かなり阿南先生は現状の対中政策には不満があるようで、結局、改革解放以降の西側の関与は軍拡への支援になってきたのであり、国内の構造的な問題が解決されなければ改善はされない、と喝破する。

概ね常識の範囲内の主張ではあるが、これは日本人にはすんなり入ってきても、アメリカ人の戦略家だと案外こういう話ができなかったりする。先日のアリソンとかの「罠」の議論は、パワーが強くなっているから戦争する、みたいな雑な議論だった。しかし行動のインセンティブがどこにあるのか、を分析しないまま変な議論をするよりも役立つかと思う。ただし、三つのパートに分かれてしまったせいで、問題点の列挙と最後の人民解放軍についてが薄くなってしまっている。特に問題点は議論の核なだけに、ここを掘り下げないと根拠が薄弱になってしまう。

中国はなぜ軍拡を続けるのか (新潮選書)

中国はなぜ軍拡を続けるのか (新潮選書)

 

 

有栖川有栖『月光ゲーム Yの悲劇 '88』

とある事情で読んだ。

新本格ブームの代表格のデビュー作。登山で出会った学生たちが、噴火で強制的にクローズドサークルに閉じ込められるなか、殺人事件に遭遇する話。

学生アリスシリーズは青春物であり、以下の書き出しのような文章を叙情的にしようとしてクサくなる感じが鼻についたけど、それさえ除けばエラリークイーンに倣ったミステリということで、論理の積み上げが良かった。手掛かりがきちんと事件解決のための手掛かりとして機能して、無茶なクローズドサークルの中で無茶な殺人事件という感じは拭えないが、ミステリ部分は綺麗だった。

一方で、学生物なので青春ストーリーが挟まるが、こちらは17人いる登場人物が多くて、でキャラ立ちさせようとしてるのは分かるけど印象に残らないキャラクターも多く、またオカルトキャラとか変に二次元的なキャラ立ちしてる人物もいて、関係性が何が何やらとなってしまった。

 

大地がまた身を揺すった。浅い眠りは破られ、僕はむっくりと起き上がった。 寝袋にくるまった三つの人影は動かない。これしきの震動にはもう神経が慣れっこになってしまったのか、あるいは昼間の疲れが三人を抱きくるんでいるのか。死体置場に一人取り残されたような心細い気分になった。 そっとテントの扉布を押し分け、外の様子を窺ってみる。暗い。噴煙に隠れたか、月の光のひと雫も見えない。 山の頂に目をやる。よく判らないが、大きな忌まわしいものが吹き上がり、夜の海面に似た空に昇っていくのが感じられた。微かに降り注ぐ荒い灰。唇についた不快なそれを、僕はゆっくりと手の甲で拭った。

 

"月光ゲーム 江神シリーズ (創元推理文庫)"(有栖川 有栖 著) : http://a.co/2utwZK1

レスリー・アン・ジョーンズ『フレディ・マーキュリー~孤独な道化~』

日本では十数年ぶりにクイーンが流行り、映画業界はボ・ラプの二匹目のドジョウがいないかと探しているなどと聞く。一方で当たり前の話だが、映画は多くの脚色を含む。私も観たとき、「ここ時系列おかしくない?」「え、ここなに?」なんてのが結構あり、じゃあ現実のクイーン、フレディはどんなだったのかを調べたいとき、フレディ伝記の決定版と言ってもいい本書は、既存の伝記を踏まえたうえで、多くの関係者に対して具な情報収集を実施しておりかなり役に立つ。

例えばフレディの出生まで遡って出生届を見に行き、バルサラからマーキュリーに本名を変えたと言う情報の裏付けのために役所に行き話を聞き、また学生時代の同級生でフレディがとある女性のことが好きだったかもという噂があればインタビューを取り、ととにかくその情報収集は力作と言うに相応しい。また既存の伝記の記載の間違いがあればその緻密な分析から、積極的に指摘をしていっている。そもそも一時的にツアー同行していた筆者だからこそ、多くの関係者から話を聞けており、そうして映画のフレディを脱神話化し、スーパースターにありがちな孤独な道化ぶりを浮き彫りすることができた。

読めば読むほど辟易する箇所もある。同性愛にはまり、酒地肉林の日々を送り、という1980年代前半あたりについての記載は、それが原因で死に至ることを知っている我々としては気持ちの良いものでもない。それでも病気が進行してからは生活は大人しくなり、ロンドンのガーデンロッジで映画にも出てきたジムハットンを含む男女で生活していたという。死の瞬間についてまで収められているし、本書にはその後すら書かれている。

ここで気になるのはメアリーという女性の存在だ。フレディの死後、遺産としてガーデンロッジはメアリーに引き継がれた。とにかく優しい女性で、フレディの信頼が最期まで厚かったのだろう。しかしハットン達は相続後のメアリーに追い出され、そして神話化されたメアリーという女性は怒りの対象として暴露本が描かれた。著者インタビュー取れたのは、ジムハットンやバーバラバレンティンなどメアリーに対して恨みを持っている人たちに対してだけであり、本書も概ねメアリーの脱神話化には、積極的ではなくとも荷担している。但し優しいとは殊更に強調されており、実際のところはよく分からない。きっともはや誰にも分からないのかもしれない。

こうして見ると、結構グズグズで決して綺麗な生涯ではない。クイーンに参加するまでにもっと色々あったし、ライブエイドで復活、はその嫌いがない訳ではないが明らかに「やりすぎ」だろう。裏返すと、演出の妙が無ければそこまで面白い作品になったわけもないんだろう。そんな安易に二匹目のドジョウはいないどころか、映画業界はきちんとドジョウは自分で作らなければならない。

フレディ・マーキュリー~孤独な道化~

フレディ・マーキュリー~孤独な道化~

 

 

舞城王太郎『好き好き大好き超愛してる』

わからん。分からんと思ってネットで感想拾って、私がネットになれば、すなわちネットで感想書いてる鋭い読みの人と同一化できるかと思ったのだが、拾えるのがせいぜい、「セカチュー」のアンチテーゼになってる素晴らしいアイロニーだという程度で、あんたね、と、あの程度を敵に回す舞城先生という人は、あの程度を敵に回しているような人という扱いになってしまうけどそれでいいのか、愛する舞城先生を貶めていないだろうかと思うわけです。

同時代的すぎるせいで、10年以上後に読むと、文体の妙ももはやなく、無関心・無関心・大無関心・超無関心とも言える。

誰か、読み方教えてくだはい。

好き好き大好き超愛してる。 (講談社文庫)

好き好き大好き超愛してる。 (講談社文庫)

 

 

長沼毅『死なないやつら 極限から考える「生命とは何か」』

本書の趣旨としては、なかなか死なない生物というのがいるというところが始まりだったはずだ。つまり、有名なのがクマムシだが、ネムリユスリカの幼虫は同様にトレハロースを体内に増やすことで乾燥状態でも生きられるようになってるし、あるいは微生物(バクテリアアーキア)はもっと強い。好熱菌は122℃でも増殖が確認されたものもいれば(安定したコドンを選ぶ)、尋常でないほど高い気圧にも重力にも耐える大腸菌タイタニック号の沈む深海で発見されたハロモナスと呼ばれるバクテリア(鉄からエネルギーを作り出している)は、熱さも寒さも塩分も耐えられたりするのだ。あるいはけた違いの放射線に耐えるデイノコッカス・ラジオデュランス、紫外線に耐えるハロバチルス、油の中で生きたセキユバエなどが紹介される。

しかしその後がややまとまりが悪い。それは著者もあとがきで記している通り、書けなかったがゆえの苦肉の策として、極限生物がなぜこのような生物になったのか、という疑問から派生して、進化論的には生物の変化を検討するようになってからだ。結局、進化論においては、別に生物は環境変化に合わせて進化するのでなく、突然変異としてゆるやかに進化して、それに合わせて環境変化に対応するライフスタイルが変化した。そのなかで、遺伝子から考えたとき、利己的な遺伝子というより、周りと協調的であった生物こそが生存に成功した。それが生存とは無関係な極限生物が生まれ、生き延びてきた所以であり、この辺りまで読むと、なぜ極限生物が「そう」なのか、という本書における疑問は、単なる進化論、生物の起源の説明における導入、話の枕に過ぎず、論旨には何も影響してこないことが分かる。

そこからもう一段話は拡大し、生物とは何か、がプリゴジン的なシステム・散逸の話、あるいはエントロピーについて膨らんでいく。シュレーディンガーによれば、エントロピーが増加する世界において、負のエントロピーを食う生物とは世界の法則に逆行する存在であり、同時に、誕生が非常に奇跡的な存在でもある。鋼の錬金術師のように、必要な無機物を集めて電気を与えても、有機物は作れても出来るのは泥であり、生物のようにはならなかった。一方で微生物に人工DNAを移植するとその新しい生物は生き延びることができた。つまり、「ガワ」さえあれば偽物のDNAでも生物なのかもしれない。しかしこのガワは、人間の場合、10年で入れ替わる。生物の同一性はどのように担保されるのか。

生物とは自己増殖すること、および複雑なネットワークに伴ってロバストであること、という特徴がある。生物は安定してはいないが、そうした準安定状態を保有しながら生きており、こうした極限生物という存在を鑑みると人間が生きられないような過酷な宇宙環境でさえ、生物の存在する余地はあるのかもしれない。

という内容でした。個別のエピソードは面白いのに、まとまりがなく、死なないやつらの分析が浮いているという、なんとなく勿体ない本という印象が拭えない。

死なないやつら (ブルーバックス)

死なないやつら (ブルーバックス)

 

 

舞城王太郎『ディスコ探偵水曜日』

鷲崎健のヨルナイトリスナーならお馴染みだが、アイドルグループであるオッド・アイには、15年来のファンであるところの青木佑磨がラジオパーソナリティ鷲崎健に対する愛を歌った「ディスコ・ディテクティブ」という曲がある。本作と重なる部分は多いわけではないが、水曜深夜に生放送のラジオ(ニコ生)を一時間、メールテーマはなく、その場でパーソナリティーが喋った意味不明な言葉や支離滅裂な言動をマイルストーンにして、ひたすら脱線に次ぐ脱線、さっきまでこの話をしてたはずなのに、この言い回しをしてしまったがためにこの話題に移ってしまいました、という一分前が想像できない話題転換、そしてそれらを元にしたメールを募集する、解決編が用意されている。なんだったんだこの放送は、と思うが、この放送は、一貫して青木佑磨による愛がテーマである。彼の愛の充足のための時間と言ってもよい。

本書もおおむねそんな感じで、非常にスリップストリーム的である。SFかと思いきや、ミステリーになったり、結局オカルトのようでもあり、かようにあちこちにトンチキな展開と振れ幅の大きい話題たちが縦横無尽に繰り広げられている。それでいて、作品は、愛が主眼になっているのだ。それらの要素はひとつの物語に対して一貫している。これが大事だと思う。定期的に概念図が挟まるので、訳がわからなくなっても大丈夫、なんだけど、そもそも概念図が挟まる小説ってなに、っていうね。概念図だけ見ても当然わけがわからないけど、読み返してみると、これしかない、という図になっている。まさしく奇書である。

大仰な大風呂敷を広げて、何が言いたいの、というかんじもあるが、少なくともこれは、純文学の枠よりも普通にエンタメ小説として見たほうがマッピングしやすいと思う。つまり、なんとなく大量のギミック挟まってるし、予想外の展開の連続と、緻密に組み立てられた世界観と、大ボラ、そしてなんかよー分からんけどハッピーエンドになってよかったね、よかったね、という感想を抱かせられたら勝ちでは。

Kindle版はおすすめしない。文字をそのままスキャンしたな、という感じで読みづらい。

 

ディスコ探偵水曜日(上)(新潮文庫)

ディスコ探偵水曜日(上)(新潮文庫)

 

 

遠藤乾『欧州複合危機 苦悶するEU、揺れる世界』

そろそろBrexitについて期限が迫ってきて、どこにどう着地させるのかが焦点が定まらない中、2016年の総選挙後に書かれた本書を読んでみると全く状況が変わってないことが分かる。

つまり欧州の統合には、根本に通貨の統合、人の移動の自由(難民問題とテロ問題へと繋がる)というEUの制度から来る不満が横たわっていた。くわえて、そもそもイギリスという国には大陸と一つというアイデンティティが欠如しており、サッチャーが残した保守党内の欧州懐疑主義からの流れも相まって、ついにはキャメロン首相がイギリス独立党と保守党内の内紛の勢いを削ぐために国民投票へと打って出ることとなった。

この国民投票の争点は経済合理性と移民のトレードオフだった。そのなかで労働党は本腰をいれてキャンペーンを打たず、そして残留派は敗北した。これは、英国という国の、領域的な亀裂も階層的な亀裂も曝した。少なくともかの国において根本的な結果は覆せない。たとえ時間稼ぎをしたところで投票の打ち消しはできず、これからできるのは、せいぜいこっそりとEUとの間で手打ちをするか、不利な離脱後に経済不況の発生を受けて国民投票をやり直すか、くらいしか残されていない。

そもそもがEUとは政治的な結束である。WW2後のドイツの取り扱い、冷戦の文脈があって成立したEUにおいても、やはりドイツの勃興とロシアの侵出問題、ムスリムとのイデオロギー対立、がその結束の鍵となろう。しかしそのなかで、現在はデモクラシーの正統性、アイデンティティ、移民の問題を孕んでいるのも確かである。

でも問題解決策としてのEUは、経済的なメリットのみならず、様々な共同メカニズムを抱えて有用に機能している。結果として、それでも他の加盟国のEUに対する支持・信頼は高いのである。

そのなかで独仏の政党政治が瓦解しない限りは、EUは崩壊ではなく再編という形で再生されるのではないか、というのが遠藤先生の予想である。中心国には強い権利を、周辺国には弱い権利を与え、非同質的な集合となるということだろう。しかしそれでもBrexitに代表される、世界が直面する<グローバル化=国家主権=民主主義>(ロドリック)、の三つが並び得ず、結果としてグローバル化を捨てるような動き、は乗り越えられていない。

 

こうした状況は変わっていない、どころか悪化してるようにも見える。フランスはリベラリズムの旗印となりえたマクロンの権威が失墜したし、メルケルは引退する。右・左双方から出てきたポピュリズムの動きを抑えられていないようだ。まだまだEUを潰せ、という流れは見えないが、いい加減、リベラリズムから起因した続出する不満を押し留められはしないだろう。

ここで思い出すのはスキーム論で、スキームはひとたび作ると潰すのが難しいという定説があり、少なくとも離脱と崩壊の間には分厚い壁が立ちはだかっているのでEUの存続自体を個人的にはそこまでは心配していない。ただ、例えばフランスでマクロンが敗北し、リベラル勢(と言っても国際関係論上のリベラル)にEU離脱派が勝ちました、となった場合は、それでもEUは形を変えれば維持できるのか、再編は粛々と行えるのか、何も出来なければ有名無実化されてしまうのでは、などなど気になる。

 

欧州複合危機 - 苦悶するEU、揺れる世界 (中公新書)