長沼毅『死なないやつら 極限から考える「生命とは何か」』

本書の趣旨としては、なかなか死なない生物というのがいるというところが始まりだったはずだ。つまり、有名なのがクマムシだが、ネムリユスリカの幼虫は同様にトレハロースを体内に増やすことで乾燥状態でも生きられるようになってるし、あるいは微生物(バクテリアアーキア)はもっと強い。好熱菌は122℃でも増殖が確認されたものもいれば(安定したコドンを選ぶ)、尋常でないほど高い気圧にも重力にも耐える大腸菌タイタニック号の沈む深海で発見されたハロモナスと呼ばれるバクテリア(鉄からエネルギーを作り出している)は、熱さも寒さも塩分も耐えられたりするのだ。あるいはけた違いの放射線に耐えるデイノコッカス・ラジオデュランス、紫外線に耐えるハロバチルス、油の中で生きたセキユバエなどが紹介される。

しかしその後がややまとまりが悪い。それは著者もあとがきで記している通り、書けなかったがゆえの苦肉の策として、極限生物がなぜこのような生物になったのか、という疑問から派生して、進化論的には生物の変化を検討するようになってからだ。結局、進化論においては、別に生物は環境変化に合わせて進化するのでなく、突然変異としてゆるやかに進化して、それに合わせて環境変化に対応するライフスタイルが変化した。そのなかで、遺伝子から考えたとき、利己的な遺伝子というより、周りと協調的であった生物こそが生存に成功した。それが生存とは無関係な極限生物が生まれ、生き延びてきた所以であり、この辺りまで読むと、なぜ極限生物が「そう」なのか、という本書における疑問は、単なる進化論、生物の起源の説明における導入、話の枕に過ぎず、論旨には何も影響してこないことが分かる。

そこからもう一段話は拡大し、生物とは何か、がプリゴジン的なシステム・散逸の話、あるいはエントロピーについて膨らんでいく。シュレーディンガーによれば、エントロピーが増加する世界において、負のエントロピーを食う生物とは世界の法則に逆行する存在であり、同時に、誕生が非常に奇跡的な存在でもある。鋼の錬金術師のように、必要な無機物を集めて電気を与えても、有機物は作れても出来るのは泥であり、生物のようにはならなかった。一方で微生物に人工DNAを移植するとその新しい生物は生き延びることができた。つまり、「ガワ」さえあれば偽物のDNAでも生物なのかもしれない。しかしこのガワは、人間の場合、10年で入れ替わる。生物の同一性はどのように担保されるのか。

生物とは自己増殖すること、および複雑なネットワークに伴ってロバストであること、という特徴がある。生物は安定してはいないが、そうした準安定状態を保有しながら生きており、こうした極限生物という存在を鑑みると人間が生きられないような過酷な宇宙環境でさえ、生物の存在する余地はあるのかもしれない。

という内容でした。個別のエピソードは面白いのに、まとまりがなく、死なないやつらの分析が浮いているという、なんとなく勿体ない本という印象が拭えない。

死なないやつら (ブルーバックス)

死なないやつら (ブルーバックス)

 

 

舞城王太郎『ディスコ探偵水曜日』

鷲崎健のヨルナイトリスナーならお馴染みだが、アイドルグループであるオッド・アイには、15年来のファンであるところの青木佑磨がラジオパーソナリティ鷲崎健に対する愛を歌った「ディスコ・ディテクティブ」という曲がある。本作と重なる部分は多いわけではないが、水曜深夜に生放送のラジオ(ニコ生)を一時間、メールテーマはなく、その場でパーソナリティーが喋った意味不明な言葉や支離滅裂な言動をマイルストーンにして、ひたすら脱線に次ぐ脱線、さっきまでこの話をしてたはずなのに、この言い回しをしてしまったがためにこの話題に移ってしまいました、という一分前が想像できない話題転換、そしてそれらを元にしたメールを募集する、解決編が用意されている。なんだったんだこの放送は、と思うが、この放送は、一貫して青木佑磨による愛がテーマである。彼の愛の充足のための時間と言ってもよい。

本書もおおむねそんな感じで、非常にスリップストリーム的である。SFかと思いきや、ミステリーになったり、結局オカルトのようでもあり、かようにあちこちにトンチキな展開と振れ幅の大きい話題たちが縦横無尽に繰り広げられている。それでいて、作品は、愛が主眼になっているのだ。それらの要素はひとつの物語に対して一貫している。これが大事だと思う。定期的に概念図が挟まるので、訳がわからなくなっても大丈夫、なんだけど、そもそも概念図が挟まる小説ってなに、っていうね。概念図だけ見ても当然わけがわからないけど、読み返してみると、これしかない、という図になっている。まさしく奇書である。

大仰な大風呂敷を広げて、何が言いたいの、というかんじもあるが、少なくともこれは、純文学の枠よりも普通にエンタメ小説として見たほうがマッピングしやすいと思う。つまり、なんとなく大量のギミック挟まってるし、予想外の展開の連続と、緻密に組み立てられた世界観と、大ボラ、そしてなんかよー分からんけどハッピーエンドになってよかったね、よかったね、という感想を抱かせられたら勝ちでは。

Kindle版はおすすめしない。文字をそのままスキャンしたな、という感じで読みづらい。

 

ディスコ探偵水曜日(上)(新潮文庫)

ディスコ探偵水曜日(上)(新潮文庫)

 

 

遠藤乾『欧州複合危機 苦悶するEU、揺れる世界』

そろそろBrexitについて期限が迫ってきて、どこにどう着地させるのかが焦点が定まらない中、2016年の総選挙後に書かれた本書を読んでみると全く状況が変わってないことが分かる。

つまり欧州の統合には、根本に通貨の統合、人の移動の自由(難民問題とテロ問題へと繋がる)というEUの制度から来る不満が横たわっていた。くわえて、そもそもイギリスという国には大陸と一つというアイデンティティが欠如しており、サッチャーが残した保守党内の欧州懐疑主義からの流れも相まって、ついにはキャメロン首相がイギリス独立党と保守党内の内紛の勢いを削ぐために国民投票へと打って出ることとなった。

この国民投票の争点は経済合理性と移民のトレードオフだった。そのなかで労働党は本腰をいれてキャンペーンを打たず、そして残留派は敗北した。これは、英国という国の、領域的な亀裂も階層的な亀裂も曝した。少なくともかの国において根本的な結果は覆せない。たとえ時間稼ぎをしたところで投票の打ち消しはできず、これからできるのは、せいぜいこっそりとEUとの間で手打ちをするか、不利な離脱後に経済不況の発生を受けて国民投票をやり直すか、くらいしか残されていない。

そもそもがEUとは政治的な結束である。WW2後のドイツの取り扱い、冷戦の文脈があって成立したEUにおいても、やはりドイツの勃興とロシアの侵出問題、ムスリムとのイデオロギー対立、がその結束の鍵となろう。しかしそのなかで、現在はデモクラシーの正統性、アイデンティティ、移民の問題を孕んでいるのも確かである。

でも問題解決策としてのEUは、経済的なメリットのみならず、様々な共同メカニズムを抱えて有用に機能している。結果として、それでも他の加盟国のEUに対する支持・信頼は高いのである。

そのなかで独仏の政党政治が瓦解しない限りは、EUは崩壊ではなく再編という形で再生されるのではないか、というのが遠藤先生の予想である。中心国には強い権利を、周辺国には弱い権利を与え、非同質的な集合となるということだろう。しかしそれでもBrexitに代表される、世界が直面する<グローバル化=国家主権=民主主義>(ロドリック)、の三つが並び得ず、結果としてグローバル化を捨てるような動き、は乗り越えられていない。

 

こうした状況は変わっていない、どころか悪化してるようにも見える。フランスはリベラリズムの旗印となりえたマクロンの権威が失墜したし、メルケルは引退する。右・左双方から出てきたポピュリズムの動きを抑えられていないようだ。まだまだEUを潰せ、という流れは見えないが、いい加減、リベラリズムから起因した続出する不満を押し留められはしないだろう。

ここで思い出すのはスキーム論で、スキームはひとたび作ると潰すのが難しいという定説があり、少なくとも離脱と崩壊の間には分厚い壁が立ちはだかっているのでEUの存続自体を個人的にはそこまでは心配していない。ただ、例えばフランスでマクロンが敗北し、リベラル勢(と言っても国際関係論上のリベラル)にEU離脱派が勝ちました、となった場合は、それでもEUは形を変えれば維持できるのか、再編は粛々と行えるのか、何も出来なければ有名無実化されてしまうのでは、などなど気になる。

 

欧州複合危機 - 苦悶するEU、揺れる世界 (中公新書)
 

 

乙ひより『かわいいあなた』

Kindleで買ったはいいけど、容量の都合上、泣く泣く削除を繰り返していて、供養のために記録を残しておこうシリーズ第四段。

前エントリの長篇である水色シネマよりは、短篇集であるこちらの方が好みで、なんでかと思ったんだけど、キャラクターの性格に基づく、クローズドな関係の中での決まったドラマというのは変わらず、短篇でも長篇でもやることが変わらない以上、短篇のほうが密度が濃くなるのだろう。一巻の中には複数のドラマが、複数巻あるならコメディが入ってこないと読んでる側の息が持たなくて、だからこそキャラクターの性格上の関係性のバランスから攻めるなら、こういう短篇集という形式が向いている。

 

かわいいあなた (百合姫コミックス)

かわいいあなた (百合姫コミックス)

 

 

乙ひより『水色シネマ』

Kindleで買ったはいいけど、容量の都合上、泣く泣く削除を繰り返していて、供養のために記録を残しておこうシリーズ第三段。

手癖で百合漫画を買い続けていた時期に購入したもので、読んだ記憶はあるのにこのために読み返すと内容が残っていなかった。

同級生女子と付き合っていた女優の唯が、傷心のなか、海の近くの現場で出会った田舎者の多恵を、無理矢理付き人として同行させるなかであるあれこれの話。構図が典型的で、あまり特筆すべき点もないかなぁという感じ。田舎者が出てきたらそりゃ純粋だよね、そりゃ一方的になるよね、傷心のなか仲良くしてたら、そりゃ元鞘の人が出てくるよね、とか全てが綺麗に想定内に収まる少女漫画のテンプレートという感じなので、期待は外さず、安心して読めるが、心動かされるシーンも少ない。

 

水色シネマ (百合姫コミックス)

水色シネマ (百合姫コミックス)

 

 

 

君塚直隆『立憲君主制の現在:日本人は「象徴天皇」を維持できるか』

今年のサントリー学芸賞

天皇制のあり方についてホットなこの時期にタイムリーに出た、イギリス外交の専門家であり、日本随一の英国王室マニアとして名高い君塚先生による君主制本である。

自分はこうした事前情報があったので、そうだろうなと思ったことだが、知らない人は違和感を覚えることとして、本書は半分が英国王室についての話である。1000年前に遡って成り立ちから、近年の王室のあり方の変容について概観してくれるので非常に勉強にはなるし、紙幅が厚くなるのは当然だけど、タイトルからするとやや肩透かし感はある。

その後に軽く、北欧、ベネルクス、アジア(東南アジア、中東)の君主制が持つ多様性について触れた後、ラストで簡単に日本の皇室について感想が述べられる。維持できるのか、それはよく分からない。ただあり方が一様ではなく、それぞれの国毎の一番綺麗な着地を模索すること、が求められることは分かる。 

英国のあり方は参考になる。本書においては一貫してレーヴェンシュタインによる整理を基に語られるが、なかなかこの民主主義下においてどう撞着させるか、は悩ましい。君主制は絶対的な権力のように思われるが、国民や議会を無視して進めた場合には首がすげ替えられることだってありうるので、常にそちらも伺いつつ歴史上動いてきたし、民主主義が強くなった現代では、ころころ変わる政局に対して不変の存在として、外交や内政において政局に惑わされない存在として意義を維持している。じゃあ役に立つし残してもいいよね、と思えても、コストとリターンからメリットが少なくなれば批判が高まる。コモンウェルスだって弱くなる。この微妙なバランスの上に成り立っている感じは、日本と近いように感じる。

日本においては、最近大嘗祭について俄に盛り上がった。ダイアナ事件の頃、英国王室でウィンザー城が燃え、修復の話が出たとき、税金を使えず、自分達で賄ったというエピソードがある。王室への支持が下がってるときにはそういうこともありうるものだ。「ありがたい存在だから金をいくらでも使ってよい」というのが年々難しくなってきているのであり、日本の皇室サイドも時代の空気を見て、費用にセンシティブになるのも妥当な反応だろう。

必ずしも同じというわけではないが、現代という時代に合わせてどこまで柔軟であるべきなのか、について考える視座になる一冊であった。

 

立憲君主制の現在: 日本人は「象徴天皇」を維持できるか (新潮選書)

立憲君主制の現在: 日本人は「象徴天皇」を維持できるか (新潮選書)

 

 

押井守「シネマの神は細部に宿る」

つい最近出たジブリについて語った本と同じ形式だが、今度は押井守が偏愛するものが映画においてどう描かれたのか、を対談している。

映画について語らせたとき、この人の本領は発揮される。本当はあの呪術みたいな、トーンの高低もなく、ただ止めどなく出てくる情報と解釈に圧倒されるには、その肉声を聞いた方が良い。10年ほど前だったか、押井守のシネマ・シネマというラジオ番組が文化放送であり、アニラジ枠で流されていた。あちらは映画制作について毎回テーマを定めながら語るのだが、抜群に面白くて、聞き返すたびに惹き付けられるのだ(アシスタントが広橋涼で、初めてその情報を入手したとき、さすが広橋涼は懐が深いなどと思ったのだが、単に押井守の録音を流す前に要らんトークをするだけだった)。

中身は、様々なテーマについて、どの映画がそのテーマの描写が良かった・いまいちだった、ということを語るという内容で、映画そのものの本筋を知りたい人には向かない。

テーマは、動物、ファッション、ごはん、モンスター、携行武器、兵器、女優、男優、だが、冒頭が十八番の犬で、「バセットが出ている映画はもれなく観ているから」「そういう情報ルートがちゃんとある」から始まるのがまず面白い。そんなルートがこの世に存在するとは知らなかった。

押井守が記憶にあるけどタイトルとかキャスト、製作陣の名前が分からない部分を、映画ライターである渡辺麻紀が補助して対談が進む。映画の細部への着目が独特で、2001年宇宙の旅を「キューブリックの狙いは明らか。これは紛れもなく"食べる"映画です」という解釈・指摘もあれば、映画で出てくる銃がTPOに合ってることが大事だと歴史的なコンテクストから説明するし、戦車ではニセモノ戦車かどうかを足回りから判断して批判するし、でも椿三十郎の逆手斬りを褒めるときには「本当に逆手斬りのほうがいいのかどうか知らないけど」と言いながら絶賛する。解釈・歴史的な正しさ・演出の三パターンからの押井守の視点を楽しむ対談本であり、判断基準はバラバラな感じはあるけど、それはそれで、好き好きで。

シネマの神は細部に宿る

シネマの神は細部に宿る