山田真裕『二大政党制の崩壊と政権担当能力評価 (<シリーズ>政権交代期における政治意識の全国的時系列的調査研究)』

(自分の記憶のみを頼りに書いているので、間違っていたらごめんなさい)

 

山田真裕先生と言えば、最近、政治学者としてtwitterで名前を見かける方ではある。 

私が山田先生の名前を知ったのは、増山幹高先生との共著『計量政治分析入門』。2004年の著作なので、二人とも選挙分析の論文は書いていたものの、書籍化されているものはほとんど無かった時期だろう。それから13年経過しているが、当時、日本語で、政治学においてきちんと計量分析をする教科書は多くなく、稀少な基本書だったと言える。そして未だに重要な著作であり続けているのは、喜ばしいことなのか、続く書籍の少なさを嘆くべきことなのか…。とは言え無いわけではなく(RやStataを使った教科書)、恐らく当時よりも方法論についての意識も強くなっている。

 

計量政治分析入門

計量政治分析入門

 

さて本書は、 最新の選挙分析をまとめているものとしては、随一のものである。

本屋に行くと、政権交代についての著作は多くある。どうして民主党は政権を取れたのか、どうして自民党は政権を奪回できたのか、経緯をジャーナリスティックに追いかけたものや、政策に焦点を当てて分析したもの(政権交代 - 民主党政権とは何であったのか (中公新書) 民主党政権 失敗の検証 - 日本政治は何を活かすか (中公新書)二つの政権交代: 政策は変わったのか)などあり、戦後日本政治史上の大きな転換とも言えた事件に対する関心は強いことが伺える。一方で、政権交代とは選挙の結果であるのに、その選挙の結果について詳述したものは実はほとんど無い。

止むを得ない話でもある。一人一人を、選挙後に、タイムリーにアンケートを取って、誰がどの政党に投票して、その人はどういう属性で、、、という分析は、選挙という形式を採る民主主義の重要な要素として、「匿名性」の問題がある以上、実は非常に難しい。せいぜいが、テレビでも速報の出る通り、何歳代の人がどの政党に投票したか、が関の山である。

本書は、「スウィング・ヴォーター」という耳馴染みのない概念についての分析である。「スウィング・ヴォーター」というとよくわからないが、つまりは、誰が自民党から民主党、または民主党から自民党に乗り換えたのか、という分析である。強烈に支持政党を持っている人物は、選挙において、計算できる支持者として認識される(例えば支持基盤に強力な宗教団体を持っていたりとか)一方、政権交代においては「スウィング」する層こそが結果を大きく左右していることが多い。こうした層に関して、10年にわたる世論調査プロジェクトという観点から分析を進める。

では、スウィングする層は何を考えてスウィングするのか。民主党に投票しなくなった人たちは、その政権運営能力を否定したというのが山田先生の主張である。当たり前と言えば当たり前である。

一方で、自民党から民主党に乗り換えて政権交代を促したのはどういう属性の人達だったのか、というと、

1.居住年数が短く、2.メディアへの接触には大きな差異はなく、3.政治的会話相手に自民支持者は少なく、4.政策志向的(スウィングしなかった層は土着的)

だと言えるようだ。 我々のイメージにある地方土着的な自民党というイメージとは十分に合致すると言える。が、際立った違いが出たかというとそこまででも無く、「説得可能な投票者」がスウィングしたという点では、二回目の政権交代は十分に有り得た話とも捉えられよう。では二回目の政権交代は何を根拠に「政権担当能力がない」と評されたのかというと、政策的には辺野古への米軍基地移転が特に際立った焦点だったとされる。

その後、安倍政権は対して高い支持率を維持してここまで政権を維持している。しかし選挙での低投票率が示すように、圧倒的な人数の自民党支持者が支えてるというよりも、スウィング・ヴォーターにとって野党は政権担当能力を見出だせないという主張が該当しよう。安倍政権の支持率は標準偏差の大きさが確認できるわけで、つまりは好き嫌いが近年稀に見るくらいにハッキリ分かれている。だからこそ野党が狙うべきは、確固たる自民党支持者ではなく、支持をスウィングしうる層への訴求であるのだが、野党に対して政権担当能力を国民が見出だせない限りはそれも難しい。野党は与党よりも、よりカリスマのある党首が求められるのだが、それが小池氏なのか、枝野氏なのか、はたまた新たな人物なのか、は現状分からない。

 

しかし、国民はどうやってその政権担当能力を認識するのか。確かに本書では政策評価の相関性等の分析はされている。しかし難しいのは、それは純粋に政策評価から導かれた評価なのか、それとも坊主憎けりゃ袈裟まで憎い、なのか、生(なま)の政治を鑑みるとその区別は難しいと言えば難しい。一度嫌いになってしまったら、もう、全ての振る舞いが下品に見えてしまうのであれば、あるいは閾値を超えた失態をした瞬間にマスメディアが一気に叩きに向かうのであれば、純粋な政策評価がなされているとは思えない。例えば、辺野古の問題に触れなければ民主党政権担当能力は高く評価されたままだったのか、というとどうにも直観的にはそう思えない。となると政権交代能力判断の源泉がはっきりしない限り、山田先生の主張とは異なり、恐らく野党に反省・改善の余地は残されていないのではないのだろうか。

もう一点は、10年間の分析ではあるものの、調査の一貫性があるようで物足りない点である。政策の評価についてもその時々の話題になった志向や政策に対する評価を調査しているわけだが、となるとジャーナリスティックな話題を数字的にフォローしました、以上の話にはなり得ないのでは無かろうか。一般論として、操作化する要素の抽出方法こそが量的研究の抱える問題点と思える。だからこそ出てくる結論は常識的な範囲から抜け出せなくなる。