読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

くまなの『くま クマ 熊 ベアー』

「なろう小説」というジャンルがある。「小説家になろう」というサイトで掲載されるアマチュアの小説だ。人気作は多少の手直しの上で書籍化されるのだが、最近では完全になろうバブルが来ていて、ちょっとでも人気を博すとすぐに書籍化する。

ちなみに書籍化の際には、

1.連載をストップ&閲覧不可にする

2.ダイジェスト化する

3.そのまま連載続行

というパターンがあり、最近では3のパターンで固まってきた感じがする。宣伝を考えると、連載中止にしてしまったらそれ以上の読者獲得ができなくなるのだから、まぁそうなるよな、とは思う。しかし、連載そのままの書籍化というのではそれも購入の意欲が削がれるから、プロ編集の手で手直ししながら連載継続、という形に落ち着いたのだろう。

「なろう小説」には傾向がある。勝手に いくつか挙げつらうと、1.現世で死んで、異世界に転生  2.転生先では現世とは違い、特殊スキルか現代日本の知識を活かして活躍。ハーレム構築 3.神が出てくるが、キャラ崩壊  4.文章はやや稚拙な一人称etc,etc...。勝手なことを言っているが、全部がそうじゃないし、もっといろいろあるのだが、そこはあくまで傾向ということで。

私は正直なところ、「なろう」はハードカバーのちゃんとしたやつを読みたくない、普通の小説にしても重たいと感じる気分のときに読んでいる。何というか、メンタルの疲れに対して、最も"ちょうどいい"のだ。漫画でもいいのだが、漫画よりも軽い。きらら系四コマ漫画という、日常の軽さを武器にした漫画群でさえも、プロの仕事だからか、ちゃんとしていて重たいのだ。

その点、『くま クマ 熊 ベアー』は軽い。すごく軽い。何せページの下半分は真っ白だ(言い過ぎ)。モノローグ形式で、表現に凝ったりしない分、一文は短い。説明は最低限の伝わる程度しかしないのだ。下手したら伝わらない。昔、あかほりさとるが表現の軽い小説を意図的に濫造していたが、この軽さはそれ以上ではないか。心の機微も少ないので、もっと淡々としていて、あかほり作品ほどのドタバタ感はない。少女版ハードボイルドだ。

転生の瞬間はこうだ。

「目を開けてみた。 マイホームじゃなかった(ゲームにログインするといつもはマイホームに転送される)。 知らない森の中だった。 装備がクマだった。 両手、両足、着ている服。 先ほどのキャンペーンでもらったクマの装備一式だ。 いきなり装備されているとか。 着てみると意外と肌触りがいい。 手を見ると、クマの手袋はパペットのようだ。 口をパクパクしてみる。 意外と可愛い。」

この軽さが良い。「なんじゃこりゃ~」みたいなの、暑苦しいから要らない。

話は引きこもり少女が転生したが、神から与えられたクマ装備(&現代日本知識)で活躍するというもの。典型である。人気作だったような、、、と思って調べてみたら、累計ランキング73位なので、そこそこ売れているが、やや埋もれている。漫画化、アニメ化には届かない。 「なろう小説」のランキング上位は、異世界転生のお決まりを守りつつ、意外と文章がちゃんとしている、みたいなのが多いけど、違うんです、「なろう」っぽいものが読みたいんです、というときにオススメ。

 

くま クマ 熊 ベアー (PASH!ブックス)

くま クマ 熊 ベアー (PASH!ブックス)